一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

アイプチ

アイプチでまぶたや目の奥が痛い!注意点や対処法は?

投稿日:

アイプチで目が痛い

アイプチをした際に、まぶたに痛みを感じる場合は皮膚トラブルの前兆である可能性が非常に高いと言えます。

 

まぶたの皮膚は、特に薄いと言われています。そのため、アイプチを使用していなくても炎症を起こすことがあり、老化が早い場所でもあるのです。

 

痛いと感じるほどアイプチを使用していれば、更に老化が進むことは当然のことと言えるでしょう。

 

少しでも違和感を覚える場合にはアイプチの使用を中止し、まぶたの皮膚に負担が掛からないようにしましょう。

 

アイプチで痛みを伴う場合の注意点

痛みがあるのにも関わらず使用を続けていると、炎症が悪化してしまい、まぶたが腫れる・かぶれてリンパ液が出るなどの重症化することも。

 

アイプチの使用を止める勇気を

重症化してしまえば、アイプチを使用出来ない期間も長期間に渡ります。

 

痛みがある場合は数日間使用を止め、様子を見ましょう。

 

まぶたの炎症を繰り返していると、まぶたの皮膚が老化します。皮膚に張りがなくなり、二重を作ることが難しい状態になることも。更に悪化することで、美容整形でも元に戻らないほどまぶたが弛んでしまう事もあるのです。

 

安値のアイプチに注意

アイプチの中でも、ディスカウントストアなどで販売されているアイプチには注意が必要です。

 

アイプチは接着剤が主な成分となりますが、非常に安値なアイプチであれば、文具に使用されるようなボンドなどの成分で作られているものが多いのです。

 

 

当然、肌には負担が掛かります。肌を保護する様な成分を重視するのではなく、まぶたを付けることだけに特化しているためです。

 

また、アレルゲンも多く含まれていることアレルギーを発症する可能性も高くなります。

 

アイプチを使用する際には、含まれている成分も確認をしましょう。

 

アイプチを使わなくても良い方法がある?

アイプチにこだわりがないようであれば、アイプチと同じ使い方が出来る二重のクセ付け美容液も販売されています。

 

二重のクセ付け専用美容液とは

肌に優しい成分で作る事にこだわっており、まぶたが炎症を起こしにくいことが特徴です。

 

二重のクセ付け美容液は、基本的に就寝時につけるタイプのものです。長時間付けた状態になることが前提であるため、成分にはこだわって作られているのです。

 

通常のアイプチを使用して二重のクセを作ることは難しい上に、基本的には接着成分のみで出来ているためまぶたの炎症や痛みに繋がります。

 

アイプチのデメリットを解決

アイプチのデメリットは、肌に負担が掛かる点だけではありません。

 

朝の通勤・出勤時の忙しい時間帯に行わなければならないという点です。寝坊してしまえば、綺麗な二重を作ることが出来ないということも。

 

毎日アイプチを使用したアイメイクにうんざりしている方も多いのではないでしょうか。さらに、まぶたに炎症を起こしてしまえばアイプチ自体の使用も危ぶまれます。

 

二重のクセ付け美容液は、朝のメイク時間を短縮することにも繋がるのです。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-アイプチ

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.