一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

一重の悩み

一重&つり目をアイメイクとアイプチでカバー!

投稿日:

つり目

一重の方は、比較的つり目の方が多い印象です。メイクも難しく、格好良く見せるメイクが多くなるため可愛らしい顔立ちにすることが出来ないのではと諦めている方も多いのではないでしょうか。

 

一重の方は、目元にインパクトや立体感を持たせることで、つり目のきつい印象から可愛らしい印象に変えることが出来るのです。

 

アイメイクのポイント

つり目の一重である場合、気を付けなければならない点も多いです。奥二重や二重の方のメイクを真似してしまうと、綺麗な目元になりません。

 

アイラインの使い方に注意

少しでも目を大きく見せようと、アイラインで目を囲むことは止めましょう。目が小さく見える原因となります。

 

また、まぶたの上にアイラインを引く場合には、アイラインが見えているかどうかを確認しましょう。

 

もしくは、粘膜に引くことで奥行きのある目元を作ることもおすすめです。

 

カラーはブラックよりもブラウンを使用しましょう。つり目の一重は、きつい印象を与えてしまいがち。

 

ブラウンを使用することで、柔らかく、自然な印象になります。ブラウンのアイライナーとアイシャドウを使用し、目尻やアイホールをぼかすことによって立体感も出ます。

 

顔全体が平らに見えてしまいがちな一重の方は、立体感を出すためにグラデーションメイクは欠かせません。

 

たれ目にするためには

アイライナーで目尻をたれ目にします。

 

不自然なほどたれ目に書くのではなく、目の形にそってラインを引いたら、目尻をぼかす様にしてたれ目を作ります。

 

しっかりとたれ目に書いてしまうと囲みメイクになってしまうため注意が必要です。

 

一重のタイプによってメイク方法も変わる?

つり目で一重と言っても、まぶたの肉付きには個人差があります。まぶたによってメイク方法も変わるのです。

 

まぶたの皮膚が薄いタイプ

目の周りや、まぶたの皮膚が薄いすっきりとしたつり目の一重である場合。

 

クールな印象の目元であり、格好良いメイクは似合います。しかし、目元に立体感が無いため、インパクトに欠けます。

 

カラーメイクを楽しめるタイプでもあり、まぶたの重さを気にせずにアイホールのメイクも行うことが出来ます。

 

まぶたの皮膚が厚いタイプ

まぶたの皮膚が厚く、まぶたに脂肪が付き易いタイプの方も多いです。アイラインやアイホールのメイクが難しいタイプ。

 

クールな印象ではなく、眠たそうに見られてしまったり、きつい印象を与えてしまう一重です。

 

しかし、つり目でお悩みの場合、まぶたの皮膚が厚いタイプの方がたれ目を作りやすいのです。

 

マスカラを塗る際には、しっかりとビューラーでまつ毛を上げましょう。上げすぎではと感じるほど強く上げることがポイントです。まぶたの皮膚が厚いタイプの一重は、まつ毛を上げてもまぶたの皮膚によってまつ毛が下げられてしまいます。

 

上げすぎである位強く上げておくと、時間が経つにつれて丁度良いまつ毛になるのです。マスカラは中心から目頭に多く乗せます。目尻に乗せすぎてしまうとつり目が強調されてしまうため、注意が必要です。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-一重の悩み

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.