一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

一重の悩み

一重まぶたのコンプレックスから脱出するための5つの方法

投稿日:

一重コンプレックス

一重コンプレックスは簡単に解消することはありませんよね。

 

一度アイプチで二重を作ると、自分の顔があまりに変わってしまうため、もう一重で外を出歩くことが恥ずかしくて仕方がなくなります。

 

「一重ってクールビューティーに見えるよね」

「一重を気にする事はない、内面の美が大事だよ」

「今のままでも十分かわいいよ」

 

などの言葉を度々言われることがあると思いますが、残念なことにその言葉は本人には少しも響きません。

 

女性でも男性でも一重の人にとって二重は永遠の憧れです。

 

少しでも理想の二重に近づくためには、やはり努力が必要となります。

 

そこで、今考えられる「二重になるための方法5つ」をお伝えしていきたいと思います。

 

1「アイプチ・アイテープを使用する」

これはもはやお馴染みの方法で、アイプチやアイテープを使用するのは今の時代当たり前だと言えます。

 

ただ、昔とは違い今はたくさんの種類のアイプチが販売されていますよね。

 

商品によって効果や成分は違ってくるので、自分の肌に合った商品を選ぶことがとても大事なのです。

 

肌に合わないものを使い続けると、接着成分のゴムラテックスなどの影響で、アレルギーの症状を引き起こす場合があります。

 

だから、ふだんは肌に優しい接着力の弱いものを使い、ここぞという時のみ接着力が強いものを付けるなど、使い分けをするといいかもしれませんね。

 

2「つけまつ毛を付けてみる」

これはとてもおすすめな方法なのですが、つけまつ毛を付けると自然に二重になる場合があるのです。

 

つけまつ毛のアーチ部分がアイテープのような効果を果たし、自然に二重のラインができるというわけです。

 

アイプチだと、糊で無理やり二重のラインを作るので、本来の二重ラインとは別のラインを作ってしまう場合があります。

 

つけまつ毛の場合だと変なラインを作ってしまうことなく、自然に二重になれるかもしれません。

 

学生だとつけまつ毛を付けるのは難しいかもしれませんが、今の時代はナチュラルに仕上がるつけまつ毛もたくさん販売されているので、休日だけでもぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

3「まぶたのむくみをとる」

顔のむくみは意外とまぶたに大きな影響を与えている可能性があります。

 

特に朝は体がむくみやすい状態にあるので、出かける前のメイクでアイプチがうまくいかないという人は多くいるのではないでしょうか?

 

そんな人は寝る前の「蒸しタオルケア」がおすすめです。

 

むくみがとれたあとにアイプチで二重を作ると、よりキレイな二重ラインができて一日ハッピーになれちゃいますよ♪

 

蒸しタオルのつくり方は簡単で、

① まずタオルをお湯につけて固く絞る

② 電子レンジに入れて500wで1分ほど温める

③ レンジからタオルを出す時に熱さを確かめてから、顔に1分ほどあてて血行を良くする

 

寝る前のひと手間が二重を作る近道です、頑張りましょう!

 

4「夜に二重のクセ付けをする」

夜寝る時もアイプチをしているという人は意外と多いですよね。

 

寝ている時間も二重のためにクセ付けを、と考えるのは当然だと言えるでしょう。

 

しかしこれには少し注意が必要で、寝ている時にアイプチをしていると肌が異常に荒れたり、目が完全に閉じないためにドライアイを引き起こしてしまう場合があるのです。

 

そんなことになってしまえば、二重になる道はますます遠のいてしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが、寝ている間の二重クセ付け美容液「ナイトアイボーテ」です。

 

「ナイトアイボーテ」は、肌に優しい美容液成分が配合されていて、接着力を最大限に高めつつ刺激を最小限に抑えて、敏感な肌でも安心して使う事ができます。

 

「夜にアイプチを使うと、どうしてもまぶたに負担がかかってしまう…」

 

そのような悩みを解決した近年注目されている「ナイトアイボーテ」ですが、使ってみた人の中には二重になれた人もたくさんいるのです。

 

実際に二重になった人の声がこちら↓

5「プチ整形をする」

プチ整形は最後の手段!

 

アイプチやアイテープを駆使しても、腫れぼったい一重まぶたはやはり二重になりづらいですよね。

 

上記の4つの方法を実行してもなかなか二重にならない人は、思い切ってプチ整形という選択をするのもアリなのではないでしょうか。

 

あまりに長い期間アイプチを使用していると、まぶたが伸びてしまい「眼瞼下垂」という症状になってしまう場合があるのです。

 

まぶたが伸びてしまっては二重になるどころかますます目つきが悪くなってしまうかもしれません。

 

「眼瞼下垂」になれば手術も高額になり、完全に元に戻ることも難しくなるので十分に気を付けましょう。

 

まとめ

一重コンプレックスから脱出するための5つの方法をご紹介しました。

 

簡単にコンプレックスが無くなることはないですが、今回の方法を参考に自分に合ったやり方を見つけて、少しでも二重に近づくことができれば嬉しく思います。

 

しかしあまりにまぶたに負担をかけすぎると肌がかぶれてカサカサになったり、まぶたが伸びてしまったりするので、十分に気を付けましょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-一重の悩み

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.