一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

一重の悩み

一重まぶたの種類!本当は隠れ二重かも!?

投稿日:

一重コンプレックス

一重の方のまぶたというのは、まぶたの筋肉が皮膚に付いていない状態のまぶたです。

 

コンプレックスとされることもおおく、美容整形をされる方も多いのです。

 

一重の中にも種類があり、セルフケアで二重を目指すことが出来るケースもあります。自分のタイプを確認して、ケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

主な一重まぶたの種類

劣性遺伝であるため、遺伝しにくいとされる一重。しかし、顔の印象を決める目元は、やはりぱっちりとした二重が良いと考える方も多いのです。

 

扁平一重タイプの特徴

まぶたに脂肪が少なく、皮膚が薄いことが特徴です。クールな印象の目元であり、メイクも映えるタイプの一重です。

 

また、まぶたの皮膚が薄いことでアイテープやアイプチなどで簡単に二重を作ることが出来ます。

 

二重のクセ付けも比較的簡単に行えることで、美容整形まで行う方は少ないタイプの一重です。

 

まぶたが重い一重の特徴

扁平一重よりも多いのは、まぶたが重く見える一重です。まぶたの脂肪が多く、アイプチなどを使用してもまぶたの重い印象が改善されないことが多いです。二重の線が深くなり、不自然な目元になりやすいため、アイプチをする際には注意が必要です。

脂肪
一重まぶたは脂肪が原因!? 脂肪を落として二重に!

一重である場合、まぶたの脂肪の量によっては二重の線が付かないという方もいます。また、奥二重である場合にも脂肪があることで一重に見えるということも。   美容整形をする場合でも、まぶたの脂肪が ...

 

また、皮膚が厚いことでアイプチは取れやすくなることも。ファイバータイプのアイプチも弾いてしまい、アイメイクが上手く決まらないというトラブルも多いタイプです。二重にしたいと考えた時、工夫が必要となります。

 

しかし、年齢とともに皮膚が痩せ、まぶたの皮膚が薄くなることで二重に見えることがあります。ただし、皮膚が弛むだけで目が細くなる場合もあります。

 

二重になる方法はあるの?

一重は大きく分けて2つのタイプが居ることが分かりました。どちらのタイプも、セルフケアで二重にすることは出来ないのでしょうか。

 

本当は隠れ二重かも知れない?

まぶたのむくみが原因で、一重に見ているだけという可能性もあります。まぶたをよく観察し、二重の線が見える場合は隠れ二重。

 

むくみを解消したり、脂肪を減らすことによって二重になる可能性もあります。まぶたの構造は二重であれば、原因を解消することで二重になれるはずです。

 

むくんでいる場合、睡眠時間、水分やアルコールの過剰摂取を控え、健康的な生活を送るところから始めてみましょう。

むくみ
目のむくみで一重に!むくみを解消して二重にするには?

もともと二重であるのにも関わらず、むくみで一重の様になってしまうという経験がある方も多いのではないでしょうか。   もしくは、むくむことでまぶたが腫れ、三重の様になってしまうということも。 ...

 

また、体だけではなく、顔、まぶたにも脂肪は尽きます。少し肥満気味という方は、ダイエットをしましょう。

 

一重の種類に合うメイクをする

一重を無理矢理二重にしても、不自然になってしまう可能性があります。一重を生かしたメイクをしたり、隠そうとしないという方法もあります。

 

また、まぶたの皮膚が薄いように感じられる場合には、アイプチは使用せず二重のクセ付け用アイテムだけを使用するのも良いでしょう。夜塗って寝るだけであるため、非常に簡単に使用できます。日中アイプチが不要となれば、まぶたへの負担も軽減され、たるみなどの老化を防止することにも繋がりますね。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-一重の悩み

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.