一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

アイプチ

アイプチの代用品としておすすめのアイテムは?

投稿日:

代用品

アイプチは安値で販売されており、手軽に使用出来る点が魅力です。

 

使用方法も比較的簡単ですが、ノリが目立つことでアイプチをしていることはすぐに分かってしまいます。

 

アイプチを使用して自然な二重にするためには、高度なテクニックが必要なのかも知れません。

 

アイプチよりも自然に、使用しやすい代用品はあるのでしょうか。

 

二重を作る道具の中で、代用品におすすめのアイテムや使用方法もまとめました。

 

アイプチの代用品としておすすめのアイテム

二重を作る商品は沢山発売されています。不自然にならずに二重を作るアイテムはあるのでしょうか。

 

アイテープはアイプチと変わらない

アイテープは、その名前の通りテープを貼って二重の幅を作ります。

 

テープの形が決まっていることで、アイプチよりも綺麗な幅を作ることが可能です。

 

しかし、テープであるためテカリは目立ちます。この点に関してはアイプチと同様ですね。

 

乗りの良いアイシャドウなどを重ね塗りすることでテカリ自体は目立たなくなります。まぶただけが不自然に濃いメイクとなるため、注意が必要です。

 

二重ファイバーでテカリを抑える

二重ファイバーは、アイプチやアイテープと比較するとノリ付けをする面積が狭いことでテカリを抑える効果が期待できます。

 

上からメイクを乗せやすく、アイシャドウなどを弾いてしまったとしても、範囲が狭いことで目立ちません。

 

しかし、目線を下に向けた時や、瞬きで目を瞑った瞬間に二重ファイバーを使用していることは分かってしまいます。

 

アイプチや代用品を使わない方法がある?

すぐに二重を手に入れるのであれば、整形という方法が有効です。しかし、メイクで二重を作りたいのであれば、手順を踏む必要があるのです。

 

まずは二重の線を付けておく

アイプチは、二重にしたい時に接着剤を使用して二重を作ります。代用品であるアイテープや二重ファイバーも同様ですね。

 

アイプチ等のデメリットは、テカリや不自然さです。

 

不自然な二重に見せないためには、接着剤を使う幅を狭くすることが有効です。

 

ある程度二重の線を付けておくことが出来れば、接着剤が少なくても二重のラインを作りやすくなります。

 

接着剤が少ないことで、視線を下げても目立ちにくくなります。さらに、テカリを抑えることに集中することなく、アイメイクも行いやすくなるはず。

 

アイプチを使わない方法とは

二重の線を作るために、アイプチをして寝るという方法を実践している方が多いようです。しかし、この方法は大変危険でありおすすめ出来ません。

 

アイプチの接着剤は、長時間の使用に適していません。肌に負担をかけ、肌が弱い方であれば肌トラブルを起こす可能性があります。

 

美容液成分が配合されている、長時間の使用に適したアイテムを使用しましょう。

 

専用の美容液であれば、本来クセ付けをするためのアイテムではないアイプチを使用するよりも二重の線を作りやすくなります。肌にも優しく、長期間使用することで二重を手に入れられる可能性もある美容液は代用品の1つとしておすすめです。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-アイプチ

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.