一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

アイテープ

アイテープのデメリット・危険性は?

投稿日:

デメリットと危険性

アイテープを使用した際に、まぶたが痛いと感じる場合があります。

 

アイテープは接着成分を含んでいるため、肌トラブルを起こしやすいというデメリットがあるのです。

 

まぶたは皮膚が薄く、特にデリケートな部分。アイテープを使用していなかったとしても、体調によっては炎症が起こる場合があります。

 

そこに毎日アイテープを接着していることで、皮膚が老化するということも考えられます。

 

アイテープの使用は皮膚の老化を促進するという点が、最大のデメリットであると言えるでしょう。

 

他にも使用に際しては注意したい点があります。

 

アイテープで皮膚トラブルが起こる可能性

アイテープ最大のデメリットである、皮膚を傷めるということ。炎症が起こっているのにも関わらず使用を続けると、重症化する場合もあります。

 

一度アイテープの使用を中止する

万が一炎症が広がり、まぶた全体に症状が見られる場合は炎症が治まるまでの期間、アイテープどころかメイクすら出来なくなります。

 

違和感がある場合には、アイテープの使用を中止しましょう。

 

まぶたの炎症は、繰り返すことでまぶたのたるみなどに繋がります。一度たるんでしまった皮膚は元に戻りません。肌トラブルには十分な注意が必要です。

 

プチプラアイテープは使用しない

プチプラを売りにしているアイテープは、接着成分に問題がある場合があります。

 

皮膚に負担が掛かり、トラブルを起こす原因にもなります。

 

また、使用した際の不自然な印象もデメリットです。

 

元々テカリやノリ付けの印象が目立ちやすいアイテムであるため、プチプラで質の悪いアイテープであると更に目立つ場合があります。

 

デメリットはアイプチと同等の不自然さ?

二重を作るためのアイテムは、不自然になってしまうこともデメリットであると言えるでしょう。

 

慣れるまでに時間が掛かる

使用を始めたばかりの場合、自然な二重を作ることは難しいと言えます。また、不器用であったり、自分自身で不自然になっていることに気付かない場合も。

 

もともと一重の場合、二重を作ること自体不自然な印象を与えます。そこにアイテープの接着面が見えてしまうと、見る人を困惑させるほど不自然になってしまう事もあります。

 

アイテープを使用しなくても良いほどの二重に

アイテープを使用するためには、朝のメイク時間確保の為に早起きをしなければならないと言うデメリットもありますね。

 

しかし、寝ている間に二重の線をクセ付けておくことで、メイク時間を短縮することにも繋がります。

 

また、クセ付けは長期間続けることによって本物の二重の線が作られる可能性も高いのです。

 

自然にクセが付くことで、アイテープ自体不用になりますね。

 

寝ている際のクセ付けには、アイプチやアイテープを使用することはやめましょう。最初に述べた通り、まぶたの肌トラブルを起こします。

 

美容液成分にこだわって作られた美容液が存在するため、必ず専用のアイテムを使用しましょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-アイテープ

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.