一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

アイテープ

アイテープの両面と片面の違いや使用時のポイントは?

投稿日:

アイテープの種類

アイテープは手軽に使用できるメイクグッズ。貼るだけで簡単に二重を作ることが出来ます。アイプチよりもコツが必要ないことで、使用者の数も増えている様です。そんなアイテープですが、種類も豊富になってきています。

 

主に両面タイプと片面タイプの2種類。それぞれの使用方法やポイントを紹介します。

 

両面・片面テープ使用時のポイントとは?

それぞれの特徴を確認し、正しい使用方法で二重を作りましょう。使用方法を誤ると、汚い二重になってしまいます。

 

両面タイプのアイテープ使用方法

両面タイプは、まぶたの皮膚をつけて二重に見せるタイプです。まずは二重のラインを決め、アイテープを貼ります。

 

目尻をプッシャーで抑えながら、ゆっくりと目を開きます。目尻や二重のラインをプッシャーで押しながら、しっかりと接着をして行きます。まぶたの皮膚が付いたら、二重が完成です。

 

両面タイプのアイテープにも種類があり、それぞれテープの幅が異なります。そのため、自分の目に合ったものを選ぶことが重要です。

 

片面タイプのアイテープ使用方法

テープの幅の重要性が、両面タイプよりも増す片面タイプ。二重の幅が広くならないように注意が必要です。

 

もしも幅が広くなると感じた場合は、細くカットをしてから使用しましょう。

 

片面タイプは、テープを貼った上からまぶたの皮膚がかぶさり、二重に見えるようにするアイテープです。

 

二重の幅を決めた後は、アイテープを貼るだけであるため、非常に簡単に二重を作ることが出来ます。

 

アイテープはメイクも重要

アイテープを綺麗に貼った後は、メイクでテープを隠しましょう。

 

メイクのポイント

アイテープは、メイク前に行うためテープの上からメイクを施す形になります。

 

アイメイクを行っているうちに、テープの粘着力が弱くなる可能性があります。スピーディーに行い、あまりまぶたに触れないようにしましょう。

 

両面タイプは、アイメイクで隠しやすいタイプです。クリームタイプのアイシャドウの上からラメやパールのアイシャドウを乗せることで目立たなくなります。テクニックによって、瞬きをしても不自然ではないまぶたを作りましょう。

 

片面タイプは、テープが見えている状態であるため、念入りにメイクを行いましょう。メイク乗りの良いアイテープなども販売されているため、メイクテクニックと併用してみるのも良いですね。

 

アイテープを使用する際の注意点

両面タイプでも片面タイプでも、アイテープには接着成分が含まれています。まぶたに接着し続けることによって、まぶたの皮膚に負担をかけることになります。

 

また、接着成分をふやかさずに剥がしてしまう方も多いようです。まぶたの皮膚が強く引っ張られるため、弛みにも繋がります。

 

アイテープを剥がす際には、しっかりとメイク落としやぬるま湯でふやかしてからゆっくりと剥がしましょう。それでも肌への負担が軽減されるといった程度であるため、まぶたのケアや可能な限りアイテープを使用しない生活を心掛けるようにしましょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-アイテープ

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.