一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

二重の癖付け

二重矯正糸の癖付けは危険!?最適な方法とは

更新日:

糸

初対面の人に良い印象を与えるために、目元の印象というのは非常に重要です。

 

一重で目が細いと、冷たい印象を与えてしまったり、笑顔でいるつもりでも不機嫌な様に見えてしまうことも。一重の方は、整形手術をせずに二重を作ろうと努力される方も多いです。効果が期待出来ないのにも関わらず、危険な方法で二重を作ろうと試みる方も多いようです。中でも、タコを使用して癖付けをするという方法に関するデメリットを紹介します。

 

タコ糸で二重の癖付けが可能?

二重まぶたが可愛いとされ、主流となっている現代では、二重にするための情報で溢れています。

 

タコ糸を使用する方法

ユーチューバーがタコ糸を使用した方法をインターネットに投稿し、話題となりました。

 

お金もかからないという事で、学生に注目をされている方法です。タコ糸は100円ショップなどで購入をする事が可能であり、他に必要な道具は輪ゴムだけです。

 

まずは輪ゴムを耳にかけ、タコ糸を結びます。まぶたの上を通す様にタコ糸を当てます。もう片方の耳にかけた輪ゴムとタコ糸を結び、癖付けをするという方法です。

 

お金をかけずに二重の線を作る事が出来るという点で、若い世代を中心に注目を集めている方法なのです。

 

タコ糸で二重の癖付けをする危険性

アイプチやアイテープでは、まぶたの皮膚がかぶれるなどの原因となる危険があります。しかし、タコ糸を使用した癖付けには、皮膚トラブル以外の危険も潜んでいるのです。

 

少し考えるだけでも分かる通り、二重にする方法として良い方法ではありません。目や目の周辺には沢山の神経組織が存在しており、目の周辺を圧迫する方法は論外であるという声もあります。

 

また、眼球を圧迫する事で視力の低下が懸念されます。少しでも方法を誤れば、網膜剥離などの重傷を負う可能性もあります。

 

すべて自己責任となるため、本当に良い方法であるかどうか、十分に検討をしてから行いましょう。

 

二重の癖付けに最適な方法は?

まぶたの皮膚が薄い方であれば、危険の少ない方法で二重の癖付けをすることも可能です。

 

マッサージと筋肉トレーニングで二重に

まずはマッサージで血行促進をして、まぶたの筋肉を鍛えます。まぶたの筋肉か鍛えられることによって、まぶたを持ちあげる際に掛かる力に変化が起こる可能性が高いのです。

 

まぶたに線が入るように持ち上がれば、二重に見えます。危険も少なく、年齢とともにまぶたが下がるといった老化現象も防ぐことに繋がります。

マッサージ
二重マッサージは効果ある?正しいやり方をご紹介

整形をせずに、まぶたのマッサージをするだけで二重になることはできるのでしょうか?   二重の整形をするとなると高い費用がかかるし、アイプチやメザイクを使うとしてもそれなりにコストがかかります ...

二重の癖付け美容液を使用する

寝ている間に使用する、二重の癖付けに特化した美容液も発売されています。

 

使用方法を誤らなければ、眼球に負担をかけることはありません。タコ糸を使用した方法よりも安全です。

 

加えて、目の周りの神経を圧迫するのではなく皮膚の表面に癖をつけるため、安全性も高いのです。

 

使用方法はアイプチと同様にまぶたに塗り、二重を作るだけです。寝る前に塗るため、翌朝のメイク時間の短縮にも繋がります。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-二重の癖付け

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.