一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

二重の癖付け

二重まぶたの変な線を消すには?

投稿日:

筋肉

元々二重の方は、変な線が付いてしまい三重になってしまったり、時には腫れてしまい一重や奥二重の様に見えてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

三重になってしまう原因は、寝不足や目が疲れている場合、まぶたの皮膚のたるみなどが考えられます。

 

これらは血行が悪くなることによって起こる症状です。まぶたの血管は細いため、少しの疲労で血行が悪くなるのです。

 

時間が経つと元に戻りますが、メイクがよれてしまったり、いつものメイクが出来ないなど困ることもありますよね。

 

この様な三重など、変な線を消す方法はあるのでしょうか?

 

変な線が繰り返し付くようになった場合

二重に変な線が増え、時間が経過しても治らなくなってきたと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

老化現象による変な線

三重になりやすい方は、まぶたでその日の体調を読み取ることが出来ます。‘少し疲れている‘’寝不足‘など、体調管理にも役立ちます。しかし、日中には消えている変な線が、1日中取れなかった場合、疲れや寝不足による血行不良だけではなく、まぶたの皮膚が老化しているという事が考えられるのです。

 

二重の他に、変な線が出来ているという状態はシワが出来ているという事です。これは老化現象の1つでもあります。

 

そのままにしておくことで、シワが付いてしまい顔の印象まで変わってくるのです。

 

まぶたの老化現象とは

まぶたに存在するコラーゲンは、年齢とともに減少し、生成もされなくなります。コラーゲンがなくなることによって、まぶたに張りがなくなります。

 

皮膚の薄いまぶたはくぼみ、変な線も付き易くなるのです。しかし、まぶたのくぼみが目に見えることは少ないでしょう。年齢を重ねなければ、くぼみまでは認識出来ません。

 

まぶたがくぼむ前の段階として、変な線が出来始めるという事です。

 

まぶたの筋肉量を低下させる原因

体の疲れ、まぶたの老化以外にも、変な線はまぶたの筋肉量に左右されることがあります。

 

アイメイクのやりすぎに注意

アイメイクやつけまつ毛などで、まぶたに負担を掛け続けることでまぶたの筋肉が皮膚を支えられなくなります。

 

クレンジングでまぶたを擦るなど、毎日の行動によってまぶたの筋肉を劣化させてしまうのです。ビューラーなどでまつ毛を強く引っ張るなども、極力行わない方が良いでしょう。

 

二重についた変な線を消す方法と予防方法

まずは血行不良を改善させましょう。ホットタオルやホットアイマスクなどの専用商品を使用し、まぶたの血行を良くします。

 

基本的には、血行を促進させることで改善されるはずです。タオルは温めすぎないように注意をしましょう。

 

もしも改善されない場合や、絶対に変な線をつけたくないという日には、夜用の美容液で綺麗な線をつけましょう。

 

もともと二重の線がある場合、美容液を使用することでより綺麗な二重を作ることが可能です。

 

大切な日の前日のみ、美容液を使用してみることもおすすめです。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-二重の癖付け

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.