一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

二重Q&A

隠れ二重まぶたの特徴や治し方は?

投稿日:

隠れ二重

隠れ二重とは、一重とは異なるのでしょうか。隠れ二重は、顔の印象は一重である人を指します。

 

しかし、目を薄くしてみて見るとうっすらと二重の線が出来ている人です、つまり、まぶたの作りは二重なのです。

 

隠れ二重のまぶたの特徴は、まぶたの脂肪が極端に少なく、皮膚が弛んでいることで一重に見えてしまいます。

 

奥二重でもあるのですが、見た目が一重であるため損をしてしまいます。そんな隠れ二重の人が、ぱっちりとした二重になる方法はあるのでしょうか。

 

二重のクセをつけるだけで二重に

ぱっちりとした二重にするためには、二重のクセをつけることが重要です。

 

二重のクセが付き易くなる方法

まぶたの皮膚が薄く、隠れ二重になっている場合には筋肉を鍛えてまぶたの皮膚を持ちあげるようにしましょう。

 

強く瞬きをしたり、眼球を動かすなど、目の周りの筋肉を鍛えることでまぶたが自然に持ちあがります。

 

これだけでも、隠れ二重が改善される可能性があるのです。まずは、まぶたの弛みを解消してクセ付けをしやすい状態にしておきましょう。

 

アイプチで二重に

隠れ二重の人は皮膚の表面に二重の線をクセ付けするだけでぱっちりとした二重を作ることが可能です。

 

もともと、まぶたの皮膚が薄いことが特徴であるため、クセが付き易いのです。メイクをする時にはアイプチをして、帰宅後はしっかりとおとしましょう。もともと、まぶたの皮膚が弛んでいるケースが多いため、まぶたの老化には注意が必要です。

 

アイプチは長時間利用をしていると、まぶたの皮膚を老化させます。

 

メイクおとしてふやかし、ゆっくりと撫でるようにおとしましょう。加えて、夜用のアイプチでクセ付けをすることが効果的です。

 

夜用のアイプチは美容液成分が配合されているため、皮膚の弛み防止にも効果が期待できます。

 

まぶたが重い隠れ二重の場合は?

まぶたの皮膚が薄い場合には、クセ付けやマッサージによって二重になる可能性が高くなります。しかし、重い隠れ二重の場合にはどの様に対処すると良いのでしょうか。

 

まぶたの脂肪を減らす

脂肪が多く、まぶたにも脂肪が付いている場合には、脂肪を減らす所から始めましょう。

 

ダイエットに加えて、まぶたや目の周りの代謝を良くすることで脂肪燃焼効果を狙います。

 

まぶたと眉毛の間を優しくマッサージをします。お風呂の後や、入浴中が効果的です。血行が良くなっている状態で行うことで、老廃物を流す効果も期待出来るためです。

脂肪
一重まぶたは脂肪が原因!? 脂肪を落として二重に!

一重である場合、まぶたの脂肪の量によっては二重の線が付かないという方もいます。また、奥二重である場合にも脂肪があることで一重に見えるということも。   美容整形をする場合でも、まぶたの脂肪が ...

 

夜用のアイプチは必須?

まぶたの皮膚が厚く、隠れ二重になっているのであれば、メイク時のアイプチを使用する方は多いのではないでしょうか。しかし、まぶたの皮膚が厚いと、メイク用のアイプチだけでは二重のクセはつきません。

 

夜用のアイプチで二重の線をしっかりクセ付けをする必要があります。加えて、マッサージを行いまぶたの皮膚を薄くして行く事で、相乗効果によって徐々に効果が現れることが期待できます。

 

隠れ二重は損をしてしまうため、ぱっちりとした二重を作ることが出来るように自分のまぶたの状況に合わせてケアを行いましょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-二重Q&A

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.