一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

アイテープ

アイテープの種類やメリット・デメリット

投稿日:

アイテープの種類

 

まぶたを二重にするために必要不可欠な『アイテープ』ですが、そもそもアイテープにはどんな種類があるのでしょうか?

 

アイテープ初心者さんも、もう一度自分に合う種類を探したい人も参考にできる、アイテープの種類やメリット・デメリットをまとめました!

 

自分に合った種類を選ぼう!アイテープの種類3つ

アイテープを使う上でまず大切なのは、自分に合った種類を選ぶことです。理想の二重まぶたを想像して、使ってみたいテープの種類をチェックしてみましょう!

 

1.重めのまぶたに悩んでいる人におすすめ!両面テープ

テープの両側が接着面になっているタイプで、一番しっかりとした二重を作ることができる種類です。

 

貼り付けると強めにまぶたが食い込んでくれて、今までまばたきで二重が取れやすかった人も、両面テープだと二重をキープしやすいです。目をあけたときにぱっちりとした二重に見えますよ。

 

2.まぶたの皮膚が薄い人におすすめ!片面テープ

テープの片側が接着面になっているタイプです。

 

両面テープほどまぶたを強く固定する力はありませんが、見た目が目立ちづらいです。アイテープを使ったときに周りの目が気になるという人も、お化粧でごまかしやすい種類のテープです。

 

3.テープを目立たせたくない人におすすめ!ファイバーテープ

最後に、ヒモ状のファイバーテープです。

 

このファイバーテープは、3種類の中では1番まぶたとの接着面が少なく、はがす時にも負担が少なくて済みます。また、貼る場所を適切に選べば、二重を長時間キープできて、より自然な二重に見せることができます。

 

アイテープを使うメリット・デメリットって?

メリット

テープタイプなので、二重のクセがつきやすいことがメリットです。

 

アイプチは人によっては作った二重がとれやすかったりするのですが、テープは自分に合ったタイプを選ぶことで、まぶたにくっきり二重の線を出してくれます。

 

そしてなんと言っても時間がかからないので、忙しい朝でもサッと二重をつくることができるのです。

 

デメリット

テープを何度も貼ったりはがしたり繰り返すと、敏感なまぶたに負担がかかる可能性があります。

 

うまく貼れないうちは、何度も失敗してやりなおすことになりますが、限度を超えるとまぶたの皮膚が伸びやすくなったり、皮膚が乾燥しやすくなります。

 

ただ、使い方は初めての人でもわかりやすく簡単なので、一度コツを掴むとキレイな二重まぶたを作ることができます。

 

バレない二重にできる!アイテープを上手に使うコツ

二重になれるように努力しているから、せっかくなら友達や彼氏にキレイだと思ってもらいたいですよね。

 

どのテープを試していいのかわからない人にもおすすめなのが『片面テープ』の種類で、表面の光沢がない素材のものはまぶたになじみやすいです。

 

また、色も透明や肌色など選べるので、人にバレないか不安な人に向いています。

 

両面テープや、ファイバータイプもアイライナーやアイシャドウでごまかすことができるので、色々試してみましょう。

 

二重幅を無理に広げずに、自分のまぶたに合った位置にテープ貼り付けることも、自然に見える二重を作るコツですよ。

 

不器用でもカンタンに時間をかけずに二重にしたい!そんな願いを叶えてくれるアイテープ。自分の理想の二重を作りたい人やアイプチをうまく使いこなせなかった人も、ぜひ試してみてください。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-アイテープ

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.