一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

メザイク/ファイバー

メザイクが難しい!上手な使い方は?

投稿日:

難しい

メザイクは難しいけれど、キレイにできれば最強アイテム

 

一重まぶたの女の子が、二重まぶたを作る時に使うアイテムは、2つほどあります。1つはアイプチ、そして2つ目はメザイクです。

 

どちらも簡単に手に入るアイテムですよね?簡単に手には入るけれど、二重まぶたを作って、より自然に仕上がる方はメザイクです。ただ、問題はメザイクは、使いこなすのに、なかなかむずかしいアイテムということです。普段から使い慣れている女の子にとっても急いでいたりすれば、ちょっとした幅のずれで二重が変わってしまいます。

 

でもそれをクリアできれば、この二重まぶたが、作っている二重かどうかわからない程、自然な二重に仕上がるのもメザイクです。そのどうして難しいアイテムなのか、ポイントを押さえながら、よりきれいに二重をし作れるように一緒に見て行きましょう。

 

メザイクの種類のいろいろ

まず、メザイクの種類です。メザイクの代表的なものに、ファイバーでできている糸があります。それを作りたい幅をきめたまぶたの上にのせて押さえます。

 

そして、できた両方の端をカットします。また、すでにまぶたのカーブになっているシールのタイプもあります。これもなりたい幅の線のところに乗せて押さえます。

 

メザイクが難しいワケ

普段、しっかりとアイプチを使うときれいに仕上がるのに、メザイクはどうしてもうまくいかない。という意見を聞きます。

 

メザイクは確かに難しいしキレイに決まらない。と思っている女の子が多いのはどうしてなのでしょうか。それは、メザイクで二重を作るときにとても繊細な作業が必要となるからです。

 

メザイクはファイバーで出来ているので、二重になりたい線にぴったりとくっつかないと二重にならないからです。

 

そしてファイバーで留めているだけなので、押さえるところを何回も修正していると、粘着力が弱くなり二重の安定感がなくなってしまいます。ですから安心して二重をキープすることが難しくなります。

 

また、メイクを上から乗せることで、留まっているところにメイクの物質が入ると粘着力が弱くなります。それも二重をキープしにくい要因です。

 

メザイクに向いている一重のタイプ

ぼってりした厚いまぶたの一重まぶたのひとには、メザイクは難しいものがあります。それは、まぶたが厚すぎてしまいファイバーで支えきれないという問題が生まれてしまうからです。

 

それでなくてもファイバーは細いもので二重をつくっていくのですから、どうしても重みに耐えられなくなったファイバーが浮かび上がってしまいます。

 

そうなるとせっかく作った二重まぶたであっても残念な姿になってしまいます。なので、メザイクはそれほどぽってりとしていない一重まぶたの女の子向きと言えます。

 

上手なメザイクの使い方

上手にできるようになれば、一番自然な二重まぶたに仕上がるのはメザイクです。ただ、そのやり方が難しいためになかなか手がでにくいのもメザイクです。

 

メザイクで一番大事なことは、二重の幅を完全に決めておくことです。例えばこの幅を少しずらしたいからとずらしてしまと、線のラインがキレイできず、途中からずれてしまうようなこともあります。そして何回も修正している間に粘着力が弱まってしまいます。

 

なので、メザイクをするときは、特に気を付けて一回で思ったところに線をつけることが大事になります。またその線が完全に定着するようにしっかりと押さえます。そのあとでメイクをするとごく自然の二重まぶたになります。

 

ですからメザイクは、時間を気にしないでゆっくりできる時に使います。何回も何回もメザイクを続けているうちに、自然できれいな二重まぶたがきるようになっていきます。

 

そんな最初は難しいメザイクも、続けているうちに必須アイテムになること間違いなしです。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-メザイク/ファイバー

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.