一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

メザイク/ファイバー

メザイクで目頭を自然にするコツは!目頭だけ補強?

更新日:

目頭

ぱっちりとした二重は、顔全体の印象も可愛く見えるため女性の憧れでもありますね。

 

メザイクで二重を目指してみても、不自然な仕上がりになってしまったり外出先で取れてしまうといったトラブルも起こります。

 

その様なトラブルを回避するために、目頭や目尻の接着方法などポイントを押さえてメザイクを使用しましょう。

 

基本的なルールを守る

ルールと言う表現は大袈裟かも知れません。しかし、メザイクを行うための基礎が出来ていなければ、綺麗に仕上げることは出来ないのです。

 

メザイクを使用するための基礎

メザイクを行う際には、まぶたの皮膚を清潔にしておくことが重要です。

 

使用前の段階で、まぶたに汚れが付いていてはメザイクを綺麗につけることが出来ません。

 

まぶたの皮脂を取るためには、洗顔をするかコットンで優しく皮脂を拭き取るようにしましょう。目に見えない汚れまで綺麗に取り除くことが重要です。

 

まぶたは、意外にも皮脂や汚れが溜まりやすい場所なのです。事前の準備が必要です。

 

自然な二重を作るために

もともと二重の方のまぶたを、よく観察してみましょう。二重の幅が広く、ぱっちりとした可愛い目元の方はいません。

 

二重の幅が広いと、不自然になり「ぱっちりとした二重」にはならないのです。

 

眠たそうに見えてしまうだけです。

 

二重の幅が広いと、不自然なだけではなく一目でアイプチであることもバレてしまいます。

 

ファイバータイプのメザイクは、二重の幅を広くするという無理な力が加わることによって外れやすくなります。

 

また、一重や奥二重の方は、一重や奥二重と、顔のまぶた以外のパーツとのバランスが取れているのです。無理に二重まぶたにすることで、顔全体のバランスは崩れるという事を忘れないようにしましょう。

 

バランスの崩れを最小限にするためにも、二重の幅は狭く、もともとの顔の印象から遠ざけないようにすることが大切なのです。

 

目頭を自然にするポイント

メザイクだけを使用する方法も良いですが、他のメイク道具も併用して綺麗な二重を目指しましょう。

 

メザイクの扱いに注意

ファイバータイプのメザイクは、強く引っ張ると接着成分が弱くなります。また、外れやすくなるため丁寧に扱いましょう。

 

まぶたに乗せたら、目頭と目尻は数㎜カットします。

 

目頭と目尻は、二重の線がしっかりと付いているのは不自然な状態です。まぶたの中心に深く食い込ませるようなイメージで使用しましょう。

 

アイプチも併用

メザイクを付けた後に目尻と目頭にアイプチの接着剤を乗せ、補強することも良いでしょう。

 

アイプチを薄く塗り、二重の線を付けておくことでメザイクの位置を決めやすくなります。また、仕上がりも綺麗になります。

 

アイプチではなく、夜寝ている間に二重の線をクセ付けしておくことも有効です。

 

まぶたへの負担が少ないのは、寝ている間に使用する美容液です。自然な二重を作るためにも、様々なアイテムの併用を検討しましょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-メザイク/ファイバー

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.