一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

メザイク/ファイバー

メザイクが取れる!剥がれにくくするには?

投稿日:

幅が広い

メザイクを使用する場合、貼り付け方に少々手間が掛かると感じる方も多いのではないでしょうか。

 

目の横幅や、綺麗に出来上がる二重の線というのは個人差があります。

 

そのため、慣れるまでには時間が掛かるもの。

 

メザイクのメリットは、目を瞑ったり視線を落としても二重メイクをしていることが分かりにくいことです。

 

そんなメザイク取れる!ことってありますよね。剥がれないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

メザイクが取れる!?

メザイクは自然な二重の線を作る事に特化したアイメイク用品。しかし、中には使用出来ない方もいるのです。

 

メザイクの効果が出ない方とは?

メザイクの効果を実感しにくいタイプのまぶたというものがあります。

 

むくみや脂肪の多い、重たい一重の場合です。

 

重たい一重は脂肪が多いことが特徴であり、メザイクが取れてしまうというトラブルも。

 

メザイクは、アイプチやアイテープとは異なり、細いファイバーを使用して二重の線を作ります。そのため、まぶたの皮膚をくっつける面積も少なくなるのです。そのため、脂肪が多い場合には適さないと言えます。

 

まぶたの脂肪が多い場合、まぶたの皮膚が厚いためメザイクにかかる負担が大きく、取れてしまうのです。

 

メザイクは、まぶたの脂肪が少なく、まぶたの皮膚が薄い方に適した商品であるとも言えるでしょう。

脂肪
一重まぶたは脂肪が原因!? 脂肪を落として二重に!

一重である場合、まぶたの脂肪の量によっては二重の線が付かないという方もいます。また、奥二重である場合にも脂肪があることで一重に見えるということも。   美容整形をする場合でも、まぶたの脂肪が ...

 

実は肌に負担が掛かるメザイク

メザイクは細いファイバータイプであることで、まぶたの皮膚への負担は少ないと言われています。

 

アイプチやアイテープと比較すると、接着成分が付着する部分が少ないため負担を掛けにくくなります。

 

しかし、長時間付けたままにする、寝るときにも使用するなど、誤った使用方法をすることで肌に負担が掛かります。

 

メザイクの正しい使用方法

メザイクを使用する場合には、まずは基本的な使用方法を守りましょう。

 

メザイクのクレンジング方法

細いファイバータイプであるため、クレンジングオイルを使用せずに剥がしてしまう方が多いようです。

 

しかし、 皮膚を引っ張るような形になるため肌にはダメージを与えることになります。肌がダメージを受ける事によって荒れてしまい、埃や紫外線などの外部刺激の影響を受けやすくなります。

 

アイプチやアイテープと同様に、接着成分をオイルとお湯でふやかし、優しく撫でるようにして落とします。可能な限り、刺激を与えないように気を付けましょう。

 

メザイクのクレンジングが面倒な場合の対処法

シミ、たるみなどの原因となるため、面倒であってもクレンジングオイルを使用してメザイクを落とす様にしましょう。

 

メザイクが上手に使えない、落とすことが面倒であるという場合には、夜用の美容液で寝ている間に二重の線をクセ付けしておくと良いでしょう。

 

二重の線が出来ていることで、簡単にメザイクを使用することが出来ます。さらに、夜用美容液を使用し続けることによって二重の線は濃くなり、自然な線を作れるという点にも期待が出来るのです。

 

効果が実感出来た方の中には、アイプチやアイテープ、メザイクが不用になったという方も。

 

メイク時間の短縮のためにも、是非夜用クセ付け美容液を取り入れてみましょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-メザイク/ファイバー

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.