一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

メザイク/ファイバー

メザイク専用カッターの使い方とコツ!

投稿日:

専用カッター

メザイクで綺麗な二重を作るためには、コツが必要です。初心者の方は失敗してしまう事も多いはず。加えて、まぶたの皮膚が厚く、もともと二重を作りにくいまぶたの場合は難しいのです。何度メザイクにチャレンジしても失敗してしまうという方も少なくはないはず。

 

メザイクをスムーズに行う方法として、専用のカッターを使用することもおすすめです。

 

メザイクのコツとカッターの使い方

メザイクはアイプチよりも接着剤が目立たず、メイクも行いやすいため人気の二重グッズです。

 

基本的なメザイクの付け方

最初に、まぶたを綺麗にします。コットンなどで余分な皮脂も綺麗に拭き取りましょう。

 

まぶたは意外にも汚れが付きやすい場所なのです。汚れによって、綺麗にメザイクが定着しません。メザイクを行う前のひと手間が、綺麗な二重を作ることに繋がるのです。

 

先にアイメイクを行います。ビューラーとマスカラでまつ毛を仕上げます。アイライナーは目の下にだけに引き、目の上は粘膜にラインを引きます。プッシャーで二重の線を決め、メザイクを行います。メザイクを両手で持ち、1㎝程度伸ばします。まぶたの中心に当て、目頭と目尻に伸ばして食い込ませます。

 

メザイクは接着部分が目立たないことが特徴です。しかし、メイクなどをしなければ瞬きをした際にメザイクが見えてしまいます。そのため、メザイクの上からアイシャドウを乗せて隠しましょう。つまり、アイメイクはアイシャドウのみ、メザイクの後に行います。

 

メザイク用のカッターとは?

メザイク用のカッターも発売されていますが、カッターを使用し無くても上手にメザイクを使いこなす方も多いです。

 

メイク用品としては眉毛用のハサミなどでも代用が可能です。

 

メザイク用のカッターを使用する場合、クリップカッターの金具の間にカットしたい部分を入れてカットします。

 

 

ハサミでは刃先によって皮膚を傷つけてしまう可能性もあるため、専用のカッターを使用することがおすすめです。

 

メザイクを綺麗につけるために

まぶたが重い場合や、器用ではない方はメザイクをつける時にも一苦労であるはず。簡単に、綺麗につける方法を紹介します。

 

まぶたを柔らかくしておく

メザイクを行う前に、まぶたのマッサージを行いましょう。

 

まぶたのむくみを解消し、脂肪が付いている場合にも脂肪を燃焼させることでメザイクを付けやすくします。

 

まぶたの皮膚が厚い方は、毎日マッサージを行うことでまぶたの脂肪を燃焼させることも効果的です。

脂肪
一重まぶたは脂肪が原因!? 脂肪を落として二重に!

一重である場合、まぶたの脂肪の量によっては二重の線が付かないという方もいます。また、奥二重である場合にも脂肪があることで一重に見えるということも。   美容整形をする場合でも、まぶたの脂肪が ...

二重の線をクセ付けしておく

予め二重の線が付いていれば、メザイクをつける時の目安も分かりやすく、スムーズにメイクを完成させることが出来るはず。

 

そのためには、寝ている間に二重の線を付けておく事が効果的です。夜用の美容液をしようすれば、朝には二重の線が付きます。二重の線が付いても、1日持つわけではありません。あくまでもメザイクを行う際の目安として使用しましょう。

 

しかし、毎日美容液を使用することで、本物の二重になったという方も居ます。皮膚に異常が見られなければ、毎日使用してみるのも良いでしょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-メザイク/ファイバー

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.