一重の悩みやキレイな二重にする方法をご紹介!

二重ガイド

メザイク/ファイバー

メザイクの端っこが…自然な二重にするには?

投稿日:

くっきり二重

二重ファイバーは、二重を作るメイクグッズの中でも‘目立ちにくい’と注目を集めているアイテムの1つ。

 

二重を作るメイクグッズは、ノリが目立つことがデメリットでした。

 

上からメイクをしても分かってしまうほどのテカリなど、見る者を困惑させるほど不自然なものも。特に端っこは、接着剤やテープが見えやすいのです。また、端っこまで付けてしまうと自然な二重では無くなります。

 

メザイクを目立ちにくくするテクニックと使用する際のコツを紹介します。

 

メザイクをする際の注意点とは

不自然になってしまうようでは、メザイクを行う意味がありません。一重や奥二重の方が良いでしょう。

 

まぶたを清潔にする

メザイクを行う前には、入念に洗顔を行います。しかし、強く擦らないようにしましょう。

 

まぶたの皮脂をしっかりと洗い流します。皮脂や汚れが付いているとメザイクが取れてしまったり、綺麗に接着できなくなります。

 

メザイクを取る際にもクレンジングオイルでふやかすことを忘れないようにしましょう。また、メザイクを取った後には油分の高い保湿クリームでケアをする事で、まぶたの老化を防ぐことにも繋がります。

 

自然な二重幅を意識する

二重の幅は、広くしてしまうと不自然になります。もともと二重の方で、二重の幅が広い方は居ないはずです。

 

まぶたを綺麗に洗った後に、スティックを使って二重の幅を調整して瞬きをしてみましょう。瞬きをした際の感覚に違和感がないようであれば、二重の幅は完成です。決めた幅にメザイクを貼ります。決めた幅からずれないように、焦らず貼りましょう。

 

ファイバーは両方向を平行に引っ張るようにして持ち、まぶたに乗せます。この時に強く引っ張ると切れてしまうので注意が必要です。

 

両まぶたに貼り終えたら、 鏡で両まぶたのバランスを確認します。ファイバーやアイテープの場合、調整をする際には剥がさず、スティックを使用して少しずつ調整をして行きましょう。

 

自然な二重をしっかり観察

自然な二重の方は、目の端っこまで二重の線がないことが分かります。

 

メザイクは端っこが勝負?

ファイバータイプは、もともと端っこが余ります。目と目尻から、それぞれ3㎜ほどのところでカットします。

 

カットをする際はメイク用品として販売されている小さなハサミを使用しましょう。目に入らないように注意をしてください。

 

アイプチを使用する際も同様に、目頭と目尻は3㎜程度開けるようにしましょう。

 

自然な二重に仕上がるはずです。

 

メザイクをした部分が気になる場合は?

メザイクの上にパールやラメの入ったアイシャドウを乗せましょう。

 

光の反射で、ノリが目立ちにくくなります。通常のアイシャドウでは弾いてしまう場合もありますが、パールタイプは乗りやすく落ちにくいことが特徴です。

 

メザイクは時間が掛かり、バランスを見ることも難しいのです。更に、まぶたのケアを行っても老化が早まってしまうという点は逃れようがありません。

 

現在では皮膚に負担をかけない商品も多数販売されています。安値の商品でメザイクを行っている場合、二重の作り方やケアに関して検討をする必要があるでしょう。

\寝ながら本物の二重/
▼ナイトアイボーテ公式サイトはこちら▼



>>ナイトアイボーテの使用レビューはこちら

-メザイク/ファイバー

Copyright© 二重ガイド , 2019 All Rights Reserved.